ブログ

適度な飲酒を

2020.12.01

コラム

こんにちは。
大阪、兵庫を中心に産業医をしております、谷口緑です。

適度な飲酒量は1日平均純アルコールで20g程度とされています。

【20gの目安】
・ビール中瓶1本
・日本酒1合
・ワイングラス2杯弱(200ml)
・酎ハイ(7%)350 ml缶1本
・ウィスキーダブル1杯

「酒は百薬の長」という諺があるように、適度の飲酒は身体に良いとされ、特に循環器疾患にはこの法則が当てはまるとされています。一方で過度な飲酒は循環器疾患による死亡率が高くなり、あらゆる疾患のリスク因子ともなります。アルコール20gの分解時間は約3時間とされています。アルコールの分解機能には年齢や性別、その日の体調等により個人差がありますので、ご自身の適量を知り、健康的にお酒を楽しみましょう。