ブログ

はちみつの選び方について

2021.02.22

コラム

こんにちは。
大阪、兵庫を中心に産業医をしております、谷口緑です。

美肌やアンチエイジング、生活習慣病や殺菌・抗菌などの効果がある、はちみつ。

はちみつには、大きく分けて純粋はちみつ、精製はちみつ、加糖はちみつの3種類があります。

純粋はちみつ:加工されていない天然のはちみつ
精製はちみつ:はちみつから色やにおいを取り除いたもの
加糖はちみつ:純粋はちみつに水あめなどを加えたもの

はちみつ本来の味わいや香りを楽しむために、純粋はちみつを選びましょう。
また、はちみつの栄養素は60℃以上に加熱すると成分が壊れてしまうため、非加熱の「生はちみつ」がオススメです。

はちみつはミツバチが採取する花の種類によって、香りや色、味が異なります。日本では主にサクラ、レンゲ、アカシア、クローバー、リンゴ、トチ、ソバなどがあり、国内で600種類以上、世界には4000種の蜜源があると言われています。

尚、近年特に注目を集めているのが、「マヌカハニー」。
MGO(メチルグリオキサール)という抗菌物質が含まれており、特に抗菌作用が高いと言われています。マヌカハニーを購入される際は、商品に記載されているMGOあるいはUMF(ユニークマヌカファクター)の数値を確認しましょう。数値が高いほど、抗菌作用が強くなります。

種類が豊富なはちみつ。好みや用途に合わせて、選びましょう。

※注意点
1歳未満の乳児には絶対にはちみつを与えないでください。はちみつにはボツリヌス菌が含まれていることがあり、乳児ボツリヌ症にかかることがあります。
ボツリヌス菌は熱に強いので、通常の過熱や調理では死にません。
1歳未満の乳児には、はちみつやはちみつ入りの飲料、お菓子などは与えないようにしましょう。