ブログ

熱中症対策その① 暑さ指数について

2021.07.15

コラム

こんにちは。
大阪、兵庫を中心に産業医をしております、谷口緑です。

暑さ指数(WBGT (湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として作られた国際的な指標です。

人体の熱収支に与える影響の大きい
①湿度
②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境
③気温
以上の3要素から計算されています。

【日常生活に関する指針】
~温度基準(WBGT)~
危険(31℃以上)
厳重警戒(28~31℃)
警戒(25~28℃)
注意(25℃未満)

WBGTが28℃を超えると、熱中症患者の発生率が急増します。

地域毎の暑さ指数は、環境省の熱中症予防情報サイトからご確認いただけます。
また、LINEやメールで暑さ指数を配信するサービスもありますので、これらを活用して、熱中症を予防しましょう。

★★★産業医のお問合せはこちらへ★★★
電話:080-2670-6463
お問合せフォーム