ブログ

熱中症対策その② 室内での予防について

2021.07.20

コラム

こんにちは。
大阪、兵庫を中心に産業医をしております、谷口緑です。

「熱中症」とは高温多湿な環境に長時間いることで、体内の水分や塩分のバランスが崩れて、体温の調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。

立ちくらみや筋肉の硬直がみられたり、重度になると意識障害や全身の痙攣といった症状に至ったりすることもあります。また、屋外だけでなく、室内で何もしていない時も発症し、場合によっては死亡することもあります。

室内では
・扇風機やエアコンで温度を調節する
・遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用する
・室温をこまめに確認
・のどの渇きを感じなくても、こまめに水分、塩分、スポーツドリンクなどを補給する
・ゆったりした風通しの良い服装を工夫する

熱中症は生命にかかわる病気ですが、予防法を知っていれば防ぐことができますので、正しい対策を心掛けましょう。

★★★産業医のお問合せはこちらへ★★★
電話:080-2670-6463
お問合せフォーム