ブログ

エコノミークラス症候群について

2021.09.25

コラム

こんにちは。
大阪、兵庫を中心に産業医をしております、谷口緑です。

「エコノミークラス症候群」は、足の静脈に血栓ができて肺の血管がつまり、急に息ができなくなってしまう病気です。

その名前から、飛行機や車などの狭い座席に座っている時に起こるイメージがありますが、在宅勤務中やコロナ自宅療養の方にも起こる可能性があります。

予防法として、以下のことがあげられます。

・軽い運動(室内を歩く、ラジオ体操)をする
・足の運動(つま先を下に向け、足の甲を伸ばす。つま先を上げる)を
一日に何度も行う
・ふくらはぎをマッサージする
・こまめな水分補給をする

血栓ができると命にかかわる場合もあるため、予防を心掛けましょう。

株式会社ドクターグリーンでは
健康講話のご依頼がございましたら、ご希望のテーマに沿い、お話させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

★★★産業医のお問合せはこちらへ★★★
電話:080-2670-6463
お問合せフォーム