ブログ

マスク老けについて

2021.10.25

コラム

こんにちは。
大阪、兵庫を中心に産業医をしております、谷口緑です。

長引くマスク生活。
マスクをしていると、顔が半分以上隠れているため、人と話すときも無表情で話しがちです。

目の周りや口の周りを動かさないため、表情筋の運動不足が起こります。表情筋が衰えると、表情をうまく作ることができないため、さらに無表情に。
また、顔のたるみやシワの原因にもなり、老けた印象になってしまいます。

簡単なセルフケアで、マスク老けを予防しましょう。
・あいうえお体操(口を大きく開けて「あ・い・う・え・お 」と言う)

・舌を回す(舌の付け根から口の中で、舌を回しましょう)

ちょっとした隙間時間や、お風呂の時間などを利用しましょう。
お風呂で好きな歌を大きな声で歌うのも良い表情筋エクササイズですね。
是非、取り入れてみてください。

株式会社ドクターグリーンでは
健康講話のご依頼がございましたら、ご希望のテーマに沿い、お話させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

★★★産業医のお問合せはこちらへ★★★
電話:080-2670-6463
お問合せフォーム