ブログ

LDLコレステロールについて

2022.03.09

コラム

こんにちは。
大阪、兵庫を中心に産業医をしております、谷口緑です。

LDLコレステロールは、肝臓で作られたコレステロールを全身へ運ぶ役割を担っています。悪玉コレステロールとも呼ばれており、増えすぎると動脈硬化を起こし、心筋梗塞や脳梗塞の発症の原因となります。

LDLコレステロールの正常範囲は140mg/dl未満です。
LDLコレステロール値が高い方は、食事を工夫し、動脈硬化を予防しましょう。

【LDLコレステロールを減らす食品】
・良質な脂質(EPAやDHA)を多く含む魚(さば、いわし、さんま、ぶり、さわら、 サーモンなど)
・大豆製品(豆腐、納豆、油揚げ、豆乳など)
・野菜、キノコ類
・海藻類

脂肪の多い肉やバター、ラード、乳製品などは、摂りすぎるとコレステロール値が高くなります。また、揚げ物や、卵、バター、マーガリン、生クリームなどが多く含まれた菓子類も摂りすぎに注意しましょう。

株式会社ドクターグリーンでは
健康講話のご依頼がございましたら、ご希望のテーマに沿い、お話させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

★★★産業医のお問合せはこちらへ★★★
電話:080-2670-6463
お問合せフォーム