ブログ

ワクチン接種時の休暇について

2021.06.01

コラム

こんにちは。
大阪、兵庫を中心に産業医をしております、谷口緑です。

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が開始となり、政府は経済界に対し、ワクチン休暇の導入を要請しています。

ワクチンを接種しやすい職場環境を整えるため、以下についての検討が望まれます。

① ワクチン接種や、接種後に副反応が発生した場合に活用できる休暇制度の導入

② ワクチン接種の時間につき、勤務時間中の中抜けを認め、その時間分の終業時刻を後ろ倒しにすることを可能とする。あるいは、出勤したものとして取り扱う。

尚、常時10人以上の労働者を使用する事業場の場合、就業規則の変更手続きも必要となります。

詳しくは厚労省HP、新型コロナウイルスに関するQ&Aをご参照ください。

★★★産業医のお問合せはこちらへ★★★
電話:080-2670-6463
お問合せフォーム